アトピーと湿疹について

アトピーと湿疹

アトピーと湿疹についてです。

 

 

アトピーとアレルギー性の湿疹には関連性がありますが、ただ、湿疹が出ることと湿疹が出る体質は違います。だから、湿疹が出た結果を見て、アトピーだと騒いでも仕方がないのです。

 

 

要するに、アトピーや湿疹を治す新薬が発明されても、アトピーや湿疹が出る体質を改善しない限りは、症状が再発するのです。

 

 

アトピーや湿疹が出る体質というのは、消化器官が弱く、たんぱく質の分解力が弱く、そしてアミノ酸に分解されていないたんぱく質を腸から取り込んでしまう体質のことを指します。

 

 

アトピーや湿疹に良いとされているものの大半は、実は、皮膚を改善するだけのもので、根本的なアトピーや湿疹の原因を除去するものではないのです。

 

 

そのため、高価なスキンケア用品や塗り薬を塗って湿疹を減らしても、それを止めると再び、アトピーや湿疹が出てしまうのです。

 

 

アトピーは、Ige抗体がアレルゲンに反応し、アレルゲンを追い出そうとすることで出ます。そのことから、アトピーは絶対に治らないという結論に至ってしまいます。

 

 

つまり、胃腸を強化してTh2の活動を抑えても、抗体を無くすことはできないのです。

 

 

特定のたんぱく質に反応する抗体ができた以上、普通の生活を送っていても、一生なくなることはないという事になりますが、高橋健介のアトピー治す方法で改善できます。

 

 

 

 

 

>>高橋健介のアトピーを治す方法はこちら<<