皮膚掻痒症

皮膚掻痒症

皮膚にかゆみが出る症状に、皮膚掻痒症があり、これは肌の保湿機能が低下する中高年によく現れます。

 

 

乾燥肌体質の人は、どうしても肌がカサカサになって、粉をふいた状態になり皮膚掻痒症の原因になります。体の色んなところがかゆくなるので、皮膚掻痒症の防止のためにはしっかり保湿しなければなりません。

 

 

そして、体温が上がるとかゆみが増すので、その時は患部を濡れタオルで冷やしてやると良いでしょう。

 

 

蚊に刺さされても皮膚が腫れてかゆみが出てきますが、これは夏によくある皮膚掻痒症の症状です。この場合、あまり強く掻きすぎると、炎症を起こしてしまうので、注意しなければなりません。

 

 

皮膚掻痒症はほとんどの場合、1日も経てばかゆみは治まるのですが、子供の場合は悪化してとびひになることがあるので、しっかり、かゆみ止めの薬で、悪化させないようにしてあげましょう。

 

 

皮膚掻痒症では皮膚に水疱や発疹ができて、かゆみが起こる場合もよくあります。湿疹には、蕁麻疹や脂漏性湿疹などがありまずか、どんな湿疹でも掻きすぎは注意で、悪化させないことが大事です。

 

 

皮膚掻痒症で.痒くて痒くてしょうがない場合は、患部を冷やしたり、抗ヒスタミン薬を塗って、一時的にかゆみを抑えるように努力しましょう。またアトピーの温泉療法などでもお湯の刺激でかゆみをやり過ごす方法なども皮膚掻痒症対策として非常に有効です。

 

 

 

 

 

>>高橋健介のアトピーを治す方法はこちら<<