アレルギーと湿疹

アレルギーと湿疹

アレルギーと湿疹の関係についてです。

 

 

アレルギーの症状でよく出るものに、皮膚への症状と消化器官への症状があります。皮膚に出る症状には湿疹があり、これは、肌にぶつぶつができたり腫れたりします。

 

 

湿疹などのアレルギー症状が出た場合、それが食物アレルギーなら、除去食などで対処する必要があり、同時にスキンケアも必要です。

 

 

特に子供の場合は、湿疹でかきむしらないように注意してあげる必要があります。湿疹はアナフィラキシーショックという怖い食物アレルギー症状の初期段階で出てくることもあるので、馬鹿にできません。新生児のアレルギーによる湿疹の場合も注意です。

 

 

アレルギーが疑われる湿疹の場合は要注意で、皮膚への症状が、消化器官への症状、呼吸器への症状へと次第に進んでいくことがあるので、湿疹の症状が重篤になりそうな感じがあれば、すぐに医者に診てもらう必要があります。

 

 

湿疹で気をつけなければならないのは、食物アレルギーとは限らないことです。湿疹は皮膚のアレルギーとしてよく見られるもので、その代表にアレルギー性のアトピー性皮膚炎があります。

 

 

アレルギーと湿疹は、密接な関係があり、皮膚にアレルギーがある人は、クリームやローションの類は気をつけなければいけません。

 

 

 

 

 

>>高橋健介のアトピーを治す方法はこちら<<