ステロイドとアトピー

ステロイドとアトピー

ステロイドとアトピーについてです。ステロイドはアトピーによく効くと言われていますが、実はそうでもありません。

 

 

ステロイドは、効き目がはっきりしていて、塗るとアトピーの症状がすっかり改善したようにみえるのですが、ステロイドは単に症状を抑えているだけで、根本的にアトピーの病気が治ったわけではありません。

 

 

ステロイド薬の使用を中止すれば、再びアトピー症状は悪化するのです。アトピーのかゆさや炎症は非常に辛いものなので、一時的だけでもそのかゆさから開放されたいために、ステロイドを使用するのは、やむを得ないことかもしれません。

 

 

しかし、アトピーでステロイドを長く使用すると、その効き目は段々と半減していき、やがては全く効き目がなくなり、より強いステロイド薬を使用してアトピーを抑えるといった悪循環になってしまうのです。

 

 

そうなると、一生、ずっとステロイドを使用し続けることで、アトピー症状を止めることに躍起になってしまいます。

 

 

実際、アトピーを根本から治すことを忘れ、ひたすらステロイドで症状を抑えることを続けていくうちに、結果、大変なことになってしまった人が多くいます。

 

 

アトピー治療薬としてステロイドの長期使用での悪影響は、数多く報告されているので、ステロイドは、決して安易に使用してはいけません。アトピーの病院などではどうしても症状を抑えたい時だけ少量だけステロイドを使用することをすすめているようです。

 

 

 

 

 

>>ステロイドを使用しない高橋健介のアトピーを治す方法はこちら<<