新生児の湿疹

新生児の湿疹

新生児の湿疹は、首から上の頭やほほ、おでこにできるのが特徴です。頭に丸いうろこのようなものができる場合や、頭やおでこのあたりにフケのようなカサカサのものが新生児にできる場合もあります。

 

 

赤ちゃんは、ママのお腹にいた時、女性ホルモンの影響を受けているので、新生児期から3カ月くらいは皮脂の分泌が活発で、皮脂の脂が漏れることで新生児が湿疹になるのです。

 

新生児の湿疹は、どんな赤ちゃんにもできる可能性がありますが、大人でもニキビができやすい人とそうでない人がいるように、体質や皮膚の丈夫さが関係してきます。

 

 

新生児の湿疹は、病院に通うより、できれば自宅で何とかケアしてあげたいものです。その理由は、抵抗力がほとんどない時期だからです。

 

 

新生児の湿疹にかかりやすい赤ちゃんは、再び湿疹ができる可能性が高く、その都度、病院へ通うというのは大変です。

 

 

新生児の湿疹における対処法としてすすめられる方法には、肌にやさしい石鹸などを使って、赤ちゃんの素肌をケアしてあげることです。ただ、湿疹を抑えたり予防するのに、市販の普通の石鹸は避けたいところです。これは乳児のアトピーにおいても同様です。

 

 

市販の物は、新生児の肌には強すぎるので、洗顔石鹸のようなやさしい石鹸を使って新生児の湿疹対策を行うことです。

 

 

 

 

 

>>高橋健介のアトピーを治す方法はこちら<<