乳児のアトピー

乳児のアトピー

乳児のアトピーは、良くなったり悪くなったりして、慢性的に続くかゆみの強い湿疹が多く、アレルギーが湿疹と関係している場合が多いと言われています。

 

 

ただ、アトピー性皮膚炎は目で見て診断する病気なので、診断する医者により、乾燥肌といわれたり、アトピーといわれたりすることがあって、まちまちです。

 

 

乳児のアトピーの場合、乳児期早期から湿疹がみられるのが特徴で、湿疹は、頭部、顔面から始まり、次第に下降していきます。

 

 

乳児の湿疹のピークは離乳食開始期に相当する5〜6ヶ月の間にみられることが多いようですが、その時期を過ぎると、少し改善し、乳児の顔面の湿疹は1才になると消退すると言われています。

 

 

具体的な乳児のアトピーの特徴としては、湿疹は顔に限らず、体や手足に及ぶことが多いようです。そして、その皮膚症状は、ジュクジュクするだけでなく、全身が乾燥肌になったり、皮膚がガサガサして厚くなったり、耳切れなどが乳児のアトピーの症状としてみられます。

 

 

また、卵白などの食物抗原に対する特異的IgE抗体が陽性に出現する傾向があり、家族にもアトピー素因がみられ乳児に影響することが多いようです。

 

 

そして湿疹は、消長を繰り返しますが、乳児の1才半〜2才頃に軽快して治癒することが多い傾向にあります。

 

 

 

 

 

>>高橋健介のアトピーを治す方法はこちら<<